33歳男 今でもやめられないギャンブル

私は現在33歳の会社員です。恥ずかしながら給与がかなり低水準で、ギャンブルで少しでも収入を増やそうと日々行動しております。そもそも、私がギャンブルに興味を持ったのは大学3年生のときでした。当時スロット4号機の「北斗の拳」シリーズがとても流行っており、原作を全巻揃えているほどこの作品が大好きだった私は、元々スロットをよく打っていた友人に誘われ、すぐにはまってしまいました。思い返してみると、当時は運がよほどよかったのか、結構な額を稼いでおりました。しかし回数を重ねるにつれて当然赤字は増え、気づけば借金生活に突入してしまいました。当然、大学生で稼ぎも少なく分割返済にしておりますから利息は莫大。元金の50万円を完済するのに5年以上かかったことを今でもよく覚えております。ギャンブルをする方は、このように私と同じような体験をしている方も多いのではないでしょうか。このように一時の快楽で多額の負債を負い、多くの時間を無駄にしてしまう可能性が極めて高いギャンブル。約10年経った今も完全にやめることはできず、せめて負け額くらいは減らそう、暇つぶしくらいの感覚で行おうと、5円スロットや1円パチンコといった低いレートのものを打つようになりました。等価交換のものは完全にやめることができました。しかし収支が赤字なのには変わりありません。私のようなすぐに物事にはまってしまう、人に流され意志が弱い、借金をすることをいとわない、損切りができない人間は絶対にやるべきではないと思います。特に最近は演出や音が過激になり、それも相まってはまってしまう人が多いと聞きます。(私も北斗無双の過激な演出が好きでそればかり打っております)しかし趣味は無限にあります。ギャンブルは女性から間違いなく嫌われます。館内もタバコ臭く騒音もひどく、健康面でもかなりの悪影響が及ぶと思われます。以上の理由から私はギャンブルはやめたほうがいい。そう思います。