46歳女 初めての競馬

私は学生時代に、ゴルフの打ちっ放し場でアルバイトをしていました。
その時の打席の管理や球拾いは、おじさんか大学生の男の子たちでした。
私は、深夜12時までフロントに立っていたので、気に入った場所が空いているか、空いていたらとっておいてほしいと電話を受けたりする事が度々ありました。
そんな時は、打席管理室に行って、打席の確保の連絡を彼らにするのですが、彼らは、よく競馬の話で盛り上がっていました。
そんな時に、競馬をした事があるか?と聞かれ、私はパチンコすらした事がなかったので、ないと答えると、彼らが競馬場に私を連れて行く話で盛り上がり、競馬場に行くというツアーと称して、おじさんと男子学生数名と私で、競馬場に行くことになりました。男子学生は、あまり競馬場に行く事はなかったそうですが、おじさんが競馬を好きになるなら、競馬場に一度は行った方がいいと、熱弁され、私を含む学生達が、その勢いにのまれた形で行きましたが、パドックで馬を見た時は、これから競い合う馬かと思うと、ドキドキしました。
馬券の買い方すら分からず行ったので、説明を受けましたが、やはりよく分からないので、適当に買うことにしました。
おじさんが、自分のお金で賭けて負けたら、競馬を嫌いになるかもしれないと、お小遣いを渡されました。
なんて競馬を愛している人なんだろうと、逆に競馬愛に驚きましたが、有り難く頂き、勝ったらこのお金でみんなで食事の為に使おう、と思っていました。
が、スタートすると思っていたより、とてもゴールが早かった、というのが印象でした。
結局、自分の掛けた馬券の見方もよく分からず、負けたようなのですが、実際に馬が走る姿が見れたという体験はしっかり残りました。
でも、分からないまま終わってしまったので、競馬自体はあまり楽しめた記憶はありません。
そして、あんなに馬の魅力とパドックの良さや競馬場の空気感を熱く語ってくれたおじさんには悪いのですが、競馬にはハマらず、後にも先にも最初で最後の私の競馬でした。
多分、自分のお金で賭けないとスリルは味わえないのではないかと思っています。