30歳男性 天国からの地獄を味わう

こんにちは、30代の男で会社員をしています。
ギャンブルで印象に残ったエピソードという事で、2015年の冬に起こった出来事です。
私はパチンコ、スロットが大好きで、毎日のように通っておりました。
その日はお店が本気を出すイベント日で、お客さんが何百と並んで待っていました。私も同様に並び、
抽選で30番を引いて希望していたスロット台に座ることが出来ました。
朝から夜まで打ち続け、人生で初めて1日で20万円勝ちを味わう事が出来ました。
その日は非常に気持ち良く帰る事が出来て、翌日も興奮冷めあらぬ中、朝から同じパチンコ店へ入店してスロットを打ち続けました。この日は全く当たりが出ず、イライラして熱くなっていました。どんどんお金をつぎ込んでいき、財布の中身が軽くなるのが分かりました。そして閉店まで打ち切り、財布を開けたときには、180円しか残っていませんでした。20万円財布にあったはずなのに、たった1日で全て水の泡と消えてしまったのです。この時の後悔と脱力感は想像を絶するものでした。
この記事を見ている方には、まず直ぐに熱くなる人はギャンブルは絶対に避けたほうが良いです。負けを取り戻そうとする行為がどんどん泥沼にはまっていく事になります。使う金額を決めてそれ以上は絶対に使わない覚悟で臨まないと、確実に負けます。いくら前日に勝ったとしても、数日後には水の泡と消えてしまうのです。そのようにならないためにも、冷静な判断と対応、リスク管理を徹底することがギャンブルで勝っていく最低限の条件という事を私ともども覚えていく事が大切です。
その後はお金の大切さを知り、賭ける金額をしっかりと把握して勝負を楽しむ程度にすることで、収支のバランスも大分安定をしました。大勝ちばかりを狙っていては負けに進んでしまうのです。皆さんもリスク管理をしっかりと行い、楽しめる程度のお金でギャンブルをしましょう。借金してまでギャンブルをする事は身を破滅に導くので絶対にやめましょう。