63歳男 逃した魚は大き過ぎる。

東京銀座で働いていた20年ほど前の話です。現在私は還暦を過ぎて引退の身ですから40歳ソコソコの頃です。当時私は競馬に凝っており毎週土日は場外馬券売り場に通っていました。

しかし大枚を投じて全レースなんていうことはしていませんでした。私方は2日で2レースしかしませんでした。会社が終わった金曜日の夜は土曜日の全レースを全てチェックしていく作業に入りました。

あるプロの人の著作が信頼性が高くかなりの確率で取れるので、そのセオリーに従ったのです。しかしそのためには結構な分析がいつようで、全レースをチェックを終える頃には明け方になってしまいます。しかもそのセオリーに当てはまるレースは1日にせいぜい1レースのみでした。

しかしそれも楽しみの1つでしたが、オッズはせいぜい4倍がいい所です。しかし3回に一度は取れましたのでいい小遣いにはなっていました。

その頃の取引先の職人さんに競馬が3度の飯よりも好きだという人がいて、その人はいつも録音した競馬の実況放送を聴きながら仕事をしていました。「やらなくても頭に叩き込んでおかなきゃダメだ」なんて言っていました。

ある日競馬の話が盛り上がって意気投合した時です。「いいものを上げよう」と一枚の紙をくれました。ハガキ大の小さなその紙には、ズラリと数字が並んでいました。「これは出目表といって、絶対に来ない組み合わせが書いてあるのだ」「絶対秘密だが、あんたにだけやるよ」と言われて喜んで貰い受けました。

それから二、三週後だったと思いますが、いつものように朝までかけて予想をしていましたが、そんなかでこれは絶対であるという手応えの組み合わせが見つかりました。12レース8-8
です。

早速もらった出目表をチェックすると12レース8-8おくも合わせは無いということになっている。本当かよ!と思いましたが、気持ちはぐらつきます。そして他の可能性も検討して別の組み合わせを見出しました。

翌日場外売り場に行ってからもずっと8-8が気になっています。オッズは17倍とあります。しかしこの組み合わせはないのだと迷いが消えません。昨日予想した第二候補に千円を投入して、そして単勝に5千円投入しました。

近くのパチンコ店のテレビの競馬実況を見ながら時間を潰していました。12レースが始まりました。店内は最終レースということで緊張感が走ります。結果は8-8!!、オッズは17倍。足がガクガクとなり気が遠くなりました。来たじゃないか!単勝は取れたので損はしませんでしたが2倍ちょっと!。気分は10万円損した感じでした。8-8に五千円買っていればと後悔先に立たず!。

後日そのことを例の職人さんに話したら「アッ、そう?」って言われました。