カテゴリー
体験談

意地悪な彼女は引きこもりで因果応報です

私が中学生だった頃転校してきてなじめなかった小学校のクラスに意地悪な女子生徒にいじめを受けハブられて利していて、そのまま進学しても部活動関係でも(クラスは違ったのですが)嫌がらせなどをうけていました。ただ、私が部活をやめてからその女子生徒は違う同級生や同じ部活内の娘をいじめのターゲットにして、相変わらず女王様気取りで気に食わない相手をみつけてはいじめを繰り返していました。
だんだん、皆にその性格の悪さが知れ渡ってきて随分と露骨ないじめは下火になっていたのですが、陰でコソコソと繰り返していたようです。たいてい、大人しくて目立たないグループにいる感じの娘を虐めていたようですが、中学を卒業してそのいじめっ子は都心の方の高校に進学したので大多数の同級生たちは田舎の地元の高校に進学していたので皆胸をなでおろしていました。後から知ったのですが、言うことを聞かないでいじめに加わらないと今度は自分がターゲットになるという怖さから言いなりになっていたので彼女が同じ学校にいない事で皆でかなり仲良く打ち解けて楽しく学校生活を過ごしていました。
いじめっ子の彼女のことなどもう、誰も話題にしなくなっていてそれくらい過去の過ぎたこととしていい思い出の三年間でした。
ところが、高校を卒業して中学時代の同級生に進学した短大で再会して聞いたところによると、いじめっ子の彼女は都心の高校で何故かなじめなかったようで、シカトやハブられたりして、挙句な果てに不登校になっていたとのことです。
それも、心を病んでしまったようで部屋から出ることもできなくなり”この世の人全員が敵に見える。”と、何時もおびえていていまだに外にも出れないということでした。
ひどいとは思いましたが虐め被害にあったり加害者に加えられた同級生たちは私も含めみんな”ざまあみろ!!!!”と、言いあって同情もしませんでした。いや、できませんでした。
みんな口々に”因果応報ってあるんだね”と、事あるごとに言っていました。中学の同窓会が時々行われますが、未だに彼女はきたことがないです。まだ引きこもりらしいです。でも、私は可哀想だとは思いません。

カテゴリー
体験談

沖縄のビーチリゾート地を作るために使います

神奈川県在住、55歳男性です。


もし宝くじが当たったら。


考えただけでもワクワクしますね。


まずやらなければならないことは住宅ローンの返済ですね。


これはあまり楽しくありません。

ただ肩の荷はおります。

残額はそんなに多くないので、まあ、まだまだ残るでしょう。


本題はここからです。


老後を楽しく過ごすために沖縄の海沿いに土地を買います。


ここに住居兼宿泊も出来る上物を建てます。

民宿みたいなものですね。


で、モーターボート一台とジェットスキー五台を買って、ビーチスポーツが出来る小さなリゾート地にします。

宝くじが当たってればそんなに収益は産まなくて良いので、低価格に設定できるので、ほぼ道楽みたいなものですね。


ダイビングをしたり、ボードをやったり、あるいはバーベキューをしたり、やりたいことはなんでもできます。


お酒もたらふく呑んでゆっくりと沖縄の時間を過ごす。


考えただけでも楽しそうです。


お客に対しては、サービスというよりは施設をを提供するので、基本セルフでやってくださいというのがスタンスです。


そうすれば人も雇わなくて良いので気楽です。

何年かやってたら常連客も出来るでしょうから気の合った仲間とお客さんを巻き込んで楽しく過ごせたらいいですね。


この計画はもうだいぶ前から温めてはいたのですが、なにせ資金がないので、実行に移せずにいました。


ただ、その時のために、ダイビングのライセンスを取ったり、船舶免許を取るなど準備は着々と進めています。

次はジェットスキーの免許を取ろうと思っています。


親しい仲間2、3人にも声をかけて、きたる時には一緒にやろうと同意してもらってます。

酒を一緒に飲みながら、話をネタに盛り上がっています。


年齢的にもそろそろ仕事は引退を考えなければならない時期に来ていますので、
第2の人生に向けて、なんとか資金を集めなければならないと思っていますので、宝くじよ、ぜひ当たりますように!

カテゴリー
体験談

親が事業失敗で作った1000万近くの借金を返したい

私がもし宝くじで10億円当たったら親が事業の失敗で作った1000万近くの借金を返します。



私は地方の小さな製造会社で働いている会社員です。

地方ではよくあることですが正直給料はよくありません。

恥ずかしながら実家住みでなかったら暮らしていくのは難しいです。


それでもというか、だからこそというか月に30000円以上は貯金するように心がけています。

節約はもちろんちょっとした副業なんかもやって少しでも結婚やら老後やらの未来の心配をなんとか減らそうと頑張っています。



ですが、そんな小金で解決できない大きな心配事があります。

父親が事業で失敗した時にできた1000万円近くの借金です。

正確な金額は知らないのですが、会社役員の母の退職金を当てても完済できないと言っていたので1000万ほどはあると思います。


両親は私が心配することではない、自分たちでどうにかするからと、言いますがどう考えても私にも関係ありますし親がお金に苦労しているのを見るのは辛いです。



なので、もし10億円が当たったら親の借金を返します。そして沖縄の交際クラブに登録。


10億円あったら1000万なんて小金。

流石に両親も快く受け取ってくれるでしょう。

そして私も奨学金という長年の借金があるのでそれを返してしまいたいです。


あと、家の古い所のリフォームや取り壊しにお金がかかるから10年以上放置してある亡くなった大叔母の家の片付けなど、気にかかっていることをどうにかしたいと思います。


とにかくまずはマイナスをゼロに戻すことから始めてそれから楽しいことや今後の生活のことを考えられるようにしたいです。



そして、多分これらのことをどうにかしてもかなりの額が余るというか1億も使わないと思うので、5億円以上は絶対に貯金します。

できればいろんな通貨や形で貯金してリスクに備えたいです。



正直こんなみみっちい使い方を考えているタイプの人間に宝くじが当たるとはなかなか思えませんが、現実的な使い方を考えるのが一番楽しかったりします。

カテゴリー
体験談

様々な国へ行き家族旅行を楽しんだり購入して3年の一戸建ての一括返済をしたい

もし大分の宝くじが当たる売り場で買った宝くじがあたったら、夫と子供だけに宝くじが当たったことを話をして、絶対に家族以外に宝くじが当たったことを話さないように口止めすると思います。

宝くじが当たってから、はすぐに生活を変えないと思います。

しばらくしてから、使い始めますね。



共働きでいつもとても忙しいので、家族旅行をしたことはほとんどありません。

子供たちはいつも友達の家が家族旅行へ行った話を羨ましがりますが、夫も私も安月給なのでなかなか国内でも旅行へ行くのは難しいです。

だから、宝くじが当たったら、国内、国外両方とも色々なところへ家族旅行をすると思います。



本当は家族で世界一周旅行へ行きたいのですが、そんなことをしたら子供たちも私たちも学校や会社を何日も休まなければいけなくなりますし、周りに「どうしていきなりそんなに贅沢になったんだ」とおかしく思われてしまいますよね。



宝くじが当たったことを他人に知られても良いことはないと想像できるので、知られたくありません。

私も夫も会社は絶対に辞めませんし、なんとか長期休暇をとれた時に旅行へ行きたいなと思っています。

GWやお盆休み、年末年始など外国へ行けたらどんなに楽しいだろうなと思います。



死ぬまでに家族で様々な国へ行き、楽しく観光したいなと思いますね。

あとは、一戸建てを購入して住宅ローンがたくさん残っているので、一気にローンを返済したいと思いますし、車のローンも一括返済したいです。

借金がない精神的に楽な暮らしになりたいです。



うちは外食をするのは三ヶ月に一回あるかないかなので、月に数回外食をしたいです。

共働きで疲れ切っているのに、毎日毎日食事を作らなければいけないのはとても辛いですし、たまには楽したいなぁと思います。

子供たちにもお寿司屋やステーキなどの美味しい物を、たくさん食べさせてあげたいなという気持ちがあります。



まとめる、もし宝くじが当たったら家族旅行をたくさんして、家と車のローンを一括返済し、家族で頻繁に外食をして美味しい物を食べたいということになりますね。